住宅ローン年収チェッカー

住宅ローンと年収の関係を調査しました

みなさんは、個人再生って、親族に影響があると思いますか? よく聞く話なのですが、多額の借金を背負ったが為に、親族や保証人に迷惑がかかったということは、度々ありますよね。その為、親族や友人に迷惑をかけないように借金を黙っている方も多いのではないでしょうか。 さて、それでは「個人再生」の手続きをした場合には、親族は保証人に迷惑がかかってしまうのでしょうか? 「個人再生」では、親族や保証人には一切影響がないのです。 「個人再生手続き」を申立てても、親族が「連帯保証人」や「連帯債務者」になっていない限りは、全く影響がなく、当然の事ながら支払義務は親族にはないのです。また、「個人再生手続き」の効力は、保証人自体には及びませんので、どんなに債務者の「再生計画」が裁判所により認可されて、その結果借金が何割かカットされていても、債権者は保証人に対し「全額請求」することができます。その為債務者は、予めすべての事情などを保証人にしっかりと話しておくことが大切になります。一方「住宅ローン特則」を利用した再生計画が認められた場合には、その「住宅資金特別条項」に関して、「連帯債務者」や「連帯保証人」にも、しっかりと効力が及びます。だから、これらの方々に対して、不利益なことは一切ないのです。リフォームローン

住宅ローンの控除を受けるには一定の条件を満たしている必要があります。どんな条件であれば、住宅ローンが使えるのでしょうか。住宅ローン控除を受けるためには、登記簿上での床面積が50平方メートルなければ、控除対象の住宅とは認められません。住宅を購入した後、6ヶ月以内に入居し住宅ローンの控除を受けている間は住んでいる事が条件になります。

年収3,000万円以下の人のみが控除を適用できます。住宅ローン控除が受けられるのはマンションなら築25年、家なら築20年以下に限定されます。住宅が建てられたのが、平成17年4月以降ならば耐震性の証明書が必要になりますが、住宅の築年数は特に問われません。住宅ローンが完済まで10年以上かかる場合が該当します。また、居住用財産の買い替え特例を購入年前後2年間利用していないことも、住宅ローン控除を受けるために求められる条件になりますので確認しましょう。

住宅ローンの控除の金額は、税制改正によって2009年以降は少し控除率が変更になりました。住み始めた年が2009年か2010年の時、返済残高が5000万円より低いと控除の割合は1%です。以降は控除率は同じ1%ですが、住宅ローン残高の上限が2011年から4000万円、3000万円、2000万円と低くなっていきます。