mainimg

住宅ローンの控除の年収条件

住宅ローンの控除を受けるには一定の条件を満たしている必要があります。どんな条件であれば、住宅ローンが使えるのでしょうか。住宅ローン控除を受けるためには、登記簿上での床面積が50平方メートルなければ、控除対象の住宅とは認められません。住宅を購入した後、6ヶ月以内に入居し住宅ローンの控除を受けている間は住んでいる事が条件になります。

年収3,000万円以下の人のみが控除を適用できます。住宅ローン控除が受けられるのはマンションなら築25年、家なら築20年以下に限定されます。住宅が建てられたのが、平成17年4月以降ならば耐震性の証明書が必要になりますが、住宅の築年数は特に問われません。住宅ローンが完済まで10年以上かかる場合が該当します。また、居住用財産の買い替え特例を購入年前後2年間利用していないことも、住宅ローン控除を受けるために求められる条件になりますので確認しましょう。

住宅ローンの控除の金額は、税制改正によって2009年以降は少し控除率が変更になりました。住み始めた年が2009年か2010年の時、返済残高が5000万円より低いと控除の割合は1%です。以降は控除率は同じ1%ですが、住宅ローン残高の上限が2011年から4000万円、3000万円、2000万円と低くなっていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

»

▲Pagetop