mainimg

個人再生って親族一同に影響ある?大丈夫?

みなさんは、個人再生って、親族に影響があると思いますか? よく聞く話なのですが、多額の借金を背負ったが為に、親族や保証人に迷惑がかかったということは、度々ありますよね。その為、親族や友人に迷惑をかけないように借金を黙っている方も多いのではないでしょうか。 さて、それでは「個人再生」の手続きをした場合には、親族は保証人に迷惑がかかってしまうのでしょうか? 「個人再生」では、親族や保証人には一切影響がないのです。 「個人再生手続き」を申立てても、親族が「連帯保証人」や「連帯債務者」になっていない限りは、全く影響がなく、当然の事ながら支払義務は親族にはないのです。また、「個人再生手続き」の効力は、保証人自体には及びませんので、どんなに債務者の「再生計画」が裁判所により認可されて、その結果借金が何割かカットされていても、債権者は保証人に対し「全額請求」することができます。その為債務者は、予めすべての事情などを保証人にしっかりと話しておくことが大切になります。一方「住宅ローン特則」を利用した再生計画が認められた場合には、その「住宅資金特別条項」に関して、「連帯債務者」や「連帯保証人」にも、しっかりと効力が及びます。だから、これらの方々に対して、不利益なことは一切ないのです。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

▲Pagetop